リスク回避能力を身につけ損失を最小限に

>

誰でも稼げるのは本当か

時には必要な判断

FXで気を付けなければならないのは転換期。
ある出来事を境に右肩上がりだったレートが急に暴落してしまうことなど過去にいくらでもありました。

右肩上がりであれば欲を出してもっと上がれ、もっと上がれと売ることを躊躇ってしまうのが人間ですが、それではいつか必ず損をしてしまいます。
逆も同様でいつの間にか下がってしまっていたものをいつかは反転してまた上がるだろうと思っていて売らずにいたところ、ズルズルと落ちていくというパターンも少なくありません。
時には損失を抑える為にここぞというタイミングではないところで売ってしまうという決断をしなければならないこともあります。
損失は免れませんが被害を大きくしない為にも必要なことです。

寝ていてもお構いなし

為替レートは24時間寝る間も惜しまず変動し続けます。
我々が寝ているからと言って待ってくれるわけでもなく、もしかしたらその間に大きくレートが動くかもしれません。
いざ起きてみたらレートがとんでもない所まで下がっていて大損してしまったなんてことも十分に有り得ます。

ここでリスク回避の為に覚えておきたいのが逆指値注文。
逆指値注文とは自動で一定の額まで上がったら買い、もしくは一定の額まで下がったら売りの動作を行ってくれるものです。
今後更に上がる見込みがあれば自分の首を絞める羽目になりますがこれを使いこなすことで寝ている時に暴落しても被害を最小限に抑えることが可能になります。
それなら安心して眠れることでしょう。


TOPへ戻る